飛沫防止パーテーション徹底比較!


電波干渉を受けづらい-電子棚札システム『D-ESL』

電子棚札『D-ESL』は、従来以上に低コストで導入可能。独自の通信技術は電波干渉を受けづらく、より高速で正確なダイナミックプライシングを実現します。電力の消耗も非常に少ないことが特徴です。導入から運用支援・システム保守までワンストップで提供します。

お急ぎの場合も、まずはご相談ください。

0120-522-664

電子棚札

小売業界の人手不足問題を解消する電子棚札『D-ESL』。
導入から運用支援・システム保守までワンストップで提供し、
小売業界の発展に貢献します。

電子棚札:Electronic Shelf Label「ESL」とは

電子棚札とは、店頭の商品棚につける棚札(値札)に価格や関連情報などが表示され、一括で瞬時に、かつ正確に価格表示を変更することができる電子ペーパーです。
かつての電子棚札は、液晶タイプなどが主流でしたが、近年の技術革新により、電子ペーパーの電子棚札が開発されました。
POSや基幹データなどと連動して、表示価格を一括で変更する「ダイナミックプライシング」を実現させます。
※ダイナミックプライシングとは、市場の需要に応じて価格を変える方法です。電子棚札の導入は、「対応時間の差」を埋めることにより販売機会の損失をなくすことに繋がり、企業の目指す「ダイナミックプライシング」による購買の促進=売上拡充に大きく影響を与えます。

電子ペーパータイプの電子棚札が登場

電子ペーパーとは表示内容を書き換えられる電子媒体になります。液晶パネルのようにバックライトはなく、表示を変える際にのみ電力を利用するため、省電力かつ視認性に優れています。

電子ペーパータイプの電子棚札が登場

電子棚札導入で実現できる課題解決

  • 人手不足を
    大幅に解消

    人手不足を大幅に解消

    POS情報の変更が自動的に反映、印刷、貼り付けが不要になります。いままでかかっていた棚札の入れ替え作業が不要になり、効率化を実現ます。

  • 価格アンマッチ・エラーの削減

    価格アンマッチ・エラーの削減

    POS変更後、棚札金額変更が間に合わず価格アンマッチが起こってしまった、入れ替え漏れが発生しなどのミス解消につながります。

  • ダイナミックプライシング

    ダイナミックプライシング

    POSを介して棚札連動させることで、即座に来店のお客さまへ 企業の戦略した価格や情報を表示させることで、リアルタイムのダイナミックプライシングを実現します。

  • WEB販売への
    対策

    WEB販売への対策

    POSを介して棚札連動させることで、競合比較した調査結果に基づく価格変更をすぐに反映可能です。

  • フードロスを
    実現

    フードロスを実現

    賞味期限の迫った食材などのを、売り上げ状況に応じて一括変更できるため、フードロスの実現にもつながります。

  • 訪日・インバウンドへの施策

    訪日・インバウンドへの施策

    QRコードを表示して、スマートフォンでかざすと多言語の表示ができるなど、インバウンド対策にもつながります。

これらの環境を改善するため、ESLシステムを導入することで、値札やPOPを貼り変える手間と多くの時間を削減できます。

昨今、スーパーや家電量販店などの小売店ではネット通販や競合店との競争、セールなどに合わせて、売価変更が頻繁に行われており、商品の値札を貼り替えますが、人手も時間もかかり、膨大な作業が発生しています。
さらに、政府が推奨する『働き方改革』による労働時間短縮と『人手不足問題』により、販促物を制作する現場にも様々な課題・問題が発生しています。

電子棚札 D-ESLの特長

電波干渉を受けにくく、確実な表示

電波干渉を受けにくく、確実な表示独自の通信技術により、圧倒的に強度のある通信を実現しました。ネットワーク通信において、
Sub-GHz(サブギガヘルツ)920MHz帯の無線ネットワーク通信を行うため、従来の赤外線やWi-Fiと同じ2.4GHz帯を使うESLに比べて干渉を受けることなく、確実な通信が確実な情報の伝達と入替を可能にします。

wifiと比べて1/10以下の消費電力で省エネ

省エネの電子棚札独自の通信方式と、システム制御により、棚札から出力する電波や回数を抑え、極限まで電気を使わないシステムを構築しています。通信に利用しているSub-GHzは、wifiと比べると消費電力が1/10以下であること
も特徴です。管理システム上でも、余計な通信がないように徹底管理されています。

低コストで導入可能

低価格で電子棚札導入が可能干渉を受けづらい通信は、ネットワーク通信に必要なアクセスポイントなど中継機器の設置数と工事を少なくし、導入コストを大幅に低くすることも特長です。
電子棚札自体も非接触機能やLEDランプなど付帯機能はなく、表示に特化した製品のため、低コストでのご提供が可能です。

電子棚札 D-ESLの特性まとめ

  1. 電波干渉を受けづらい
  2. アクセスポイント(中継地)の設置が少ない
  3. 表示に特化した仕様で、長寿命。
  4. 導入コストダウン

今回、販促製品総合WEBカタログ(株式会社フジテックス)が取扱いする小売・流通業の店舗向け電子棚札システム(D-ESL:Dynamic Electronic Shelf Label)は、、すでにフランスやイギリスなど主に欧州を中心に2年間で100万個以上の稼働実績がございます。

電子棚札 D-ESLの導入について

今まで、多くの小売店で電子棚札システム導入を検討しても、高額なシステム投資がネックになり、導入を見合わせられていたという背景をよく耳にします。
電子棚札システム「D-ESL」は、中小規模の小売店でも導入が可能になります。
導入をご検討の企業様は是非お問合せください。

特別記事:販売を取り巻く環境の変化と店舗に求められることとは

取扱企業情報

社名  株式会社フジテックス
所在地  東京都新宿区大久保3-8-2 新宿住友ガーデンタワー13階
事業所  東京・札幌・仙台・金沢・名古屋・大阪・広島・福岡

よくあるご質問

電源は必要ですか?
ボタン電池が必要になります。電池は同梱されています。
電池はどのくらい持ちますか?
約5年持つ仕様となっております(1日2回更新想定)。
カラーバリエーションはありますか?
本体は白のみになります。オプションでカバーのカラーを変えることは可能です。
棚札のステータスはどのように確認できますか?
電池の寿命が短いものや更新指示をしたのに反応がないものはアラートが出ます。棚札1つ1つの状態を専用のソフトで確認可能です。
納品までのスケジュールはどのくらいですか?
約3-4カ月で運用可能です。要件や規模により期間は変動いたします。
データはどのように更新するのですか?
専用のソフトにて、専用形式のCSVで一括アップロード更新だけでなく、個別でも更新可能です。POSシステムと連連動した更新システム構築も承ります。
モノクロ表示できますか?
モノクロの表示も可能です。同じ棚札で、赤-白、赤-黒、白-黒、赤-白-黒の表示が可能です。
どのように設置するのでしょうか?
専用什器がございます。卓上に載せるもの、レール式、クリップ式など多数の設置什器の用意がございます。
画像は表示できますか?
画像の表示も可能です。ビットマップ形式で表示となります。
QRコードを利用する場合、は1つずつ用意しなければいけないのですか?
URLやテキストを自動でQRコードに変換する仕様がございます。

電波干渉を受けづらい-電子棚札システム『D-ESL』

電子棚札『D-ESL』は、従来以上に低コストで導入可能。独自の通信技術は電波干渉を受けづらく、より高速で正確なダイナミックプライシングを実現します。電力の消耗も非常に少ないことが特徴です。導入から運用支援・システム保守までワンストップで提供します。

お急ぎの場合も、まずはご相談ください。

0120-522-664

関連商品や同機種はこちら

ページトップへ