2020年度に使える 廃プラ・バイオマス補助金活用セミナー

2020年度に使える 廃プラ・バイオマス補助金活用セミナー

定員を超えるお申込みをいただいたため、申し込みを締め切りました

社会環境の変化に対応するため実施されている廃プラスチックや食品残渣、木くずといったバイオマスの選別、燃料化への補助金制度。
制度の目的や背景、採択のポイント、活用方法をお話いたします。

2020年1月30日(木)に「廃プラ・バイオマス補助金活用セミナー」を開催いたします。

対象設備例


廃プラ、PETボトル光学選別機

燃料化、ボイラー設備

ペレット設備

2017年中国での廃プラ輸入規制、地球温暖化や海洋プラスチック等の社会的課題に対し、環境省よりプラスチック資源循環戦略が策定されています。戦略内では廃棄物を効率的にマテリアルリサイクルすることが推奨されています。それらを実現する設備投資を促進するべく、補助金として毎年予算が組まれており2020年度も実施を予定しています。

廃棄物処理業界の足元では、中国の輸入規制の影響で国内処理量が大幅に増え、廃プラに限らず処理費の高騰が続いている状況です。

本セミナーでは、これらの社会背景から実施を予定している環境省予算2020年度補助金を中心に、制度の目的や背景、採択のポイント、活用方法についてお話いたします。

東京会場で講師登壇、その他の地域もテレビ会議を繋いでの同時中継を行います。
セミナー参加費は無料です。お気軽にご参加下さい。

本セミナーはこのような方におすすめです

  • 廃プラスチック、バイオマスの有効利用をお考えの方
  • リサイクル業者
  • 廃棄物が定期的に発生する製造工場の方

補助金を活用する際は、事前によく内容を理解しておくことが重要です。
次年度以降にリサイクル設備の導入/買い換えをご検討されていらっしゃる方はこの機会にぜひご参加くださいませ。

プログラム

第1部 環境省予算の補助金概要

講師:株式会社エネルギーソリューションジャパン 代表取締役 田崎 剛史様

  1. 環境省の補助金概要、背景と目的
  2. リサイクル関係に活用できる補助金
  3. 採択のポイント

第2部 リサイクル機器での補助金事例

株式会社フジテックス マシナリーカンパニー

  1. プラスチックの選別、マテリアル機器
  2. 燃料化・ボイラー機器

※ 講師は、東京会場に登壇します。その他の会場では、TV会議システムを使った中継となります。
※ プログラム内容は予告なく変更する場合があります。

講師

株式会社エネルギーソリューションジャパン
代表取締役
田崎 剛史様

1999年九州大学大学院地球資源システム工学専攻エネルギー資源工学研究室を卒業後、大手非鉄金属メーカーにて環境プラントの技術開発を行い、環境系ベンチャー、環境系エンジニアリング会社を経て、株式会社エネルギーソリューションジャパンを設立。一貫して環境・エネルギー分野を歩む。エネルギーに関する専門資格を多数持ち、クライアントには九州経済産業局長賞を受賞した食品メーカー等多数あり。

セミナー概要

参加費 無料 ※1社2名様までとさせていただきます。
日時 2020年1月30日(木)14:00~16:30
定員 15名
場所

講師登壇会場
 東京都新宿区大久保3-8-2住友新宿ガーデンタワー 13F

TV中継会場
 北海道札幌市中央区北一条西4-1-2 武田りそなビル 6F
 宮城県仙台市青葉区一番町3-1-1 仙台ファーストタワー 11F
 石川県金沢市本町1-5-2 リファーレ金沢オフィス棟 10F
 愛知県名古屋市東区東桜1-13-3 NHK名古屋放送センタービル 6F
 大阪府大阪市北区堂島2-1-31 京阪堂島ビル 5F
 広島県広島市中区大手町2-11-10 NHK広島放送センタービル 13F
 福岡県福岡市中央区天神1-3-38 天神121ビル12F

主催 株式会社フジテックス
お問い合わせ 株式会社フジテックス
TEL:0120-81-2166
メール:こちらからお問い合わせください。
ご注意点

※プログラム内容は予告なく変更する場合があります。
※同業他社、個人の方からご参加はお断りしております。
※お申込みが定員を超えた場合、抽選させていただく場合があります。
※1社様2名までのご参加でお願いいたします。
※ セミナーの録音、録画、撮影は禁止させていただいております。
※ セミナーの様子は、写真撮影、録画して公開させていただく場合があります。公開させていただく写真では、個人のお顔がはっきりわからないようにいたします。

お申込み

定員を超えるお申込みをいただいたため、申し込みを締め切りました

会場地図

東京会場

札幌会場

仙台会場

金沢会場

名古屋会場

大阪会場

広島会場

福岡会場