ノーパンクタイヤの選び方

フォークリフトやホイールローダーなど産業用車両ではノーパンクタイヤが広く使われています。 エアータイヤはクッション性がすぐれていますが、破砕片が落ちている構内ではパンクしやすくなります。 また、フォークリフトはスピードを出さないため、クッション性よりも耐久性を優先される傾向にあります。 ノーパンクタイヤの選び方をご説明します。

タイヤサイズ


現在使っているタイヤのサイズを確認します。一般的にタイヤの側面にサイズが記載されていますので、

それをメモしてください。

産業用タイヤのサイズは、インチであらわすことが多いです。
1インチ=2.54cmです。
6インチは約15cmです。

タイヤサイズ

メーカーと型式

メーカー

サイズが同じでもメーカーや型式によってホイールの合わせ方が変わることがあります。

型式

型式は、ハンドルの近く、車体側面などのプレートに記載されています。

ホイール

ホイール種類

合わせホイールとリング式ホイールの大きくわけて2種類あります。
合わせホイールは2つのリムをボルトで固定して使用します。リング式は、リム本体は1つです。

ホイールの有無

ホイールなし、貸しホイール、ホイール買い取りの3つのパターンがあります。
合わせホイールの場合、貸しホイールがありません。

ホイールなしの場合は自社またはお近くの整備工場でホイールのはめ込みを行う必要があります。
貸しホイールの場合、次回ノーパンクタイヤを購入した際、交換後に返却します。廃棄の必要がなく、
レンタル代もかからないのが一般的ですので一番手軽です。
ホイール買い取りは、他のタイヤを購入した場合もホイールを使い続けることができます。

商品を選定してご提案します

お選びいただいた条件で製品を選定いたします。ご希望の本数などを追記して、お問い合わせください。
最終的な選定にあたって追加でお聞きする内容があります。予めご了承ください。

mautic is open source marketing automation