圧縮梱包機の選び方

段ボールやプラスチック、衣類などかさばる廃棄物を圧縮して、運送コスト、保管スペースを削減する圧縮梱包機の選び方についてご紹介します。

圧縮梱包機の種類

段ボールを一つ解体するのは、人力で簡単にできますが、毎日100個を潰すとなると相当な時間がかかります。かといって、そのままにしておけば保管スペースをとってしまいます。回収してもらうにしても、一度に大量には運べないため、効率がよくありません。

大量に発生する段ボール、PETボトル、プラスチック、ビニール袋、衣類の保管・運搬を低コスト、効率的に行うために圧縮梱包機が利用されています。

縦型圧縮梱包機

縦型圧縮梱包機黄色の部分が投入口の扉です。機械の全高は240cm。

圧縮梱包機の中でも小型で、少量を処理するのが縦型圧縮梱包機です。見た目は冷蔵庫のようなものです。

投入口を開き、手動で圧縮するものを投入します。ボタンを押すと、上から投入物をプレスして圧縮します。圧縮した後は、梱包ひもを引き出して、手で結束します。

処理量が少ない場合は、縦型圧縮梱包機が利用されます。

横型圧縮梱包機

ベーラーコンベアで投入。全自動で梱包するベーラーです。

処理量が多い場合は、横型圧縮梱包機を利用します。投入口が機械の上部についていて、投入コンベアや重機で投入します。

結束は、半自動と全自動の二種類があります。全自動の横型圧縮梱包機は、ベーラーとも呼ばれます。

処理対象物をお選びください。

処理量をお選びください。

商品を選定してご提案します

お選びいただいた条件で商品を選定いたします。お問い合わせください。最終的な選定にあたって追加でお聞きする内容があります。予めご了承ください。



関連情報

この製品一覧へ
mautic is open source marketing automation