レコーディング機能のあるHDDシュレッダーで、メディア破砕も安心。

製品名マルチメディア・HDDシュレッダー 商品コードE355

機密メディア 破砕処理

株式会社フジ・エンバイロ 様

業種
産業廃棄物処理業
主な対象物
ハードディスク、その他
目的
機密メディアの破砕
導入設備
HDDシュレッダー

総務省、機密性の高いメディアは「物理破壊」を要求

今年の夏、総務省は自治体の情報セキュリティーの管理について、機密性に応じてメディアの破砕方法に関するガイドラインの強化を発表しました。ハードディスクやUSBといったメディアは、配布用の資料から個人情報まで、さまざまなレベルの機密性をもったデータが保存されています。戸籍情報などの「個人情報」は、もっともレベルの高い「機密性3」に分類され、データ消去の際、今後は原則「物理破壊」が求められる方針になるとのことです。

決め手はレコーディング機能。「いつ」「誰が」「なにを」破砕したのか一目でわかります。

2019年、神奈川県のハードディスク流出の事件を皮切りに、自治体や警察からは、今後は穴あけや磁気破壊よりも「物理破壊」の依頼が増える見込みもあり、いくつかのメディア破砕機を比較検討していたフジ・エンバイロ様。最終的にフジテックスのHDDシュレッダーに決定いただいた決め手は「カメラレコーディング機能」だそうです。4方向での撮影機能があることにより、「いつ」「誰が」「どのように」メディア破砕をしているかが分かり、依頼者の目の前で破砕ができなくとも、証明動画としてお渡しできることが、他にはない差別化のできるポイントとして評価いただいています。本間社長からも、導入を楽しみにしていたと、ご満足いただいております。

お客様の目の前で破砕する「出張データ処理」も可能!

導入いただいたHDDシュレッダーは、コンパクトさも特徴です。フジ・エンバイロ様では、もと もと行われている出張データ消去サービスを益々拡充させ、お客様の目の前で「適正」かつ「多種 多様なデータ処理」を出来る体制を目指します。本業である、廃棄物処理業のノウハウをもって適 正処理・再資源化へと循環型社会形成の一躍になれれば、と仰っておられました。

▲ ハードディスクを実際に破砕する動画。

株式会社フジ・エンバイロ 様

https://www.environment-technology.co.jp/

当社は十年以上、企業・行政のリスクマネジメントのサポートを行っております。機密文書やPCハードディスクの廃棄には、情報漏えいの”リスク”があります。一方、地球環境問題はますます深刻化し、”資源のリサイクル”は私たち企業が取り組まなければならない大切なテーマです。「機密抹消」と「リサイクル」の二つのニーズにお応えします。

↓

本製品のお問い合わせ先

お電話でのお問い合わせはこちら

お電話の際は「環境カタログサイトを見た」とお伝えください。

受付時間:平日9時~18時(土日祝休み)

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら