撮影機能付きメディア粉砕機 HDDシュレッダー

このようなお悩みを
持たれているお客様に選ばれています

  • HDDやあらゆるメディアを、確実に処理したい。
  • オフィス利用や車載も可能な破砕機を探している。
  • いつ、誰が、どのように、そして確実に処理をしているか動画で管理したい。
  • データ処理の新規事業を検討しているが、どのような設備を選べばいいかわからない。

ハードディスクシュレッダー
4つのポイント

  • 4方向カメラの録画機能付き

    内蔵されてあるカメラにより、「誰が」「どのように」「なにを」破砕しているか撮影します。
    撮影データはSDカードに保存されるので、お客様の目の前で破砕が行えない場合も、証明書データをお渡しすることが可能です。

    内蔵カメラによる攝影機能
  • あらゆる機密データや
    メディアを粉々に破砕

    磁気破砕や穴開けではまだ不安、という方には、粉々に破砕するシュレッダー式破砕機がオススメです。
    データの初期化や第三者への委託と比べても、最も安全で確実な処理方法だといえます。

    あらゆるメディアを粉々に物理破壊
  • オフィス利用や車載も可能
    低騒音・省スペース設計

    オフィス利用も可能な低騒音・省スペース設計。車載式の運用も可能なため、お客様先での破砕も可能です
    簡単操作なため、ペーパーシュレッダーなどと同様の操作方法で運用可能。

    省スペース
  • 新規事業として
    サービス展開可能

    あらゆるメディアの破砕が1台で可能なため、導入ハードルが低く、新規サービスとしてもご利用頂けます。
    車載式としてのサービス展開もでき、現地に主張し、お客様の目の前で確実にデータ破砕が可能です。

    新事業

破砕例

デスクトップパソコン用 HDD / 40mm粉砕

デスクトップパソコン用 HDD / 40mm粉砕

ノートパソコン用 HDD / 5mm粉砕

ノートパソコン用 HDD / 5mm粉砕

CD-ROM

CD-ROM

PC ハードディスク

PC ハードディスク

スマートフォン

スマートフォン

USB

USB

フロッピーディスク

フロッピーディスク

実際に破砕している様子をご覧ください

破砕対象物のバーコードの読み取り動画

情報漏えい対策は
十分に行われていますか?

上場企業における2019年度の個人情報流失の件数は約900万人。 情報漏えい事故の件数は、公表されているものだけでも86件にのぼります。

不正アクセスや誤操作などの理由に続き、「ハードディスクが正しく破棄されなかった」という理由も年々増えております。
初期化だけでは不十分なため、完璧な情報漏えい対策としてハードディスクの物理破壊がオススメです。

※東京商工リサーチ調べ

情報漏えい対策は十分に行われていますか?

製品ラインアップ

KS-13120HDR

対象メディア HDD/SSD/USB/ICカード/スマホ/磁気テープなど
投入口 110mm 90mm
破砕サイズ 40mm幅 5mm幅
電源 3層 200V/50/60Hz
駆動力 1.5KW
容量 12.5kg
寸法 600mm*850mm*1170mm
重量 500kg

KS-13120HDR

KS-13120HSVR

対象メディア HDD/SSD/USB/ICカード/スマホ/磁気テープなど
投入口 150mm 90mm
破砕サイズ 40mm幅 5mm幅
電源 3層 200V/50/60Hz
駆動力 3.75KW
容量 12.5kg
寸法 800mm*1120mm*1232mm
重量 900kg

KS-13120HSVR

よくあるご質問

製品モデル(HDRとHSVR)の違いを教えてください。

HSVRはサーバー用HDDも対応可能となります。

シュレッダーの設置は行っていただけるのですか?

基本的に受け渡しのみになります。キャスター付きなので、設置は大人2人で行っていただけます。

撮影機能付きメディア粉砕機 HDDシュレッダーについてもっと詳しく

0120-81-2166お電話の際は「環境カタログサイトで撮影機能付きメディア粉砕機 HDDシュレッダーを見た」とお伝えください。