飛沫防止パーテーション徹底比較!


FJTパネルボードメディア

あらゆる壁面で下地の影響を受けることなく、美しいサイン・ポスターを掲出することが可能。

お急ぎの場合も、まずはご相談ください。

0120-522-664

FJTパネルボードメディアの特徴

  • 重量がアルミ複合板の1/5。落下リスクが無く、安心安全。
  • 屋外もOK! 適度にコシがあり、柔らかい素材なので丸めて運搬もでき施工も簡単。
  • RPF(リサイクル燃料)への再利用が可能。人にも地球にも優しい商品です。
FJTパネルボードメディア 重さは500g/m2と軽く、熟練者でなくとも取り付けが可能です。強力な両面テープ、剥がしやすい再剥離テープ、面テープ、ビス、タッカーなど用途にあった方法で施工が出来ます。また小さく丸めて運べるので輸送コストを大幅に低減、角潰れや破損のリスクもありません。

FJTパネルボードメディアのメリット

軽量且つ伸縮・反りも少ないので落下リスク大幅軽減

FJTパネルボードメディアのメリット

  • アルミ複合板の約 1/5の重量。
  • スチレンボードの様に反る事もなく落下リスク大幅軽減。
  • 超大型台風や地震などで万が一飛んだり、落下しても軽く柔らかいので怪我をするリスクがほとんどありません。

軽く両面テープやビスだけで簡単に短時間で施工できる

FJTパネルボードメディアのメリット

  • カッターで簡単にカットでき両面テープ・面テープ・ビス・タッカーなどで簡単に施工。
  • アルミ複合板や塩ビシートなどの一般的な看板の1/3以下の時間で施工が出来ます。

小さく丸めて運べ、運搬性・物流コストを安く抑えられる

FJTパネルボードメディアのメリット

  • 丸めて運べるのでアルミ複合板やスチレンボードなどの板状のサインに比べ輸送スペースを1/10程度に圧縮可能。
  • また軽く大量に運べるのでCO2削減にも貢献。
  • 輸送中に手荒に扱ったとしても角潰れや破損の心配もありません。

引張強さはアルミ複合板以上で避けにくい

FJTパネルボードメディアのメリット

  • 引張強さ タテ92Mpa ヨコ 131Mpa こんなに薄くて柔らかいのに、アルミやトタンの代替えとして十分な強さ。
  • 屋外の温度変化などでも大きく伸縮する事もありません。

万が一の火災時などでも有毒ガスを出さない

FJTパネルボードメディアのメリット

  • PETを中心とした複合材で、火災時などの低温でもダイオキシンなど有毒ガスが一切発生しません。
  • また刺激臭や黒煙も出さないので安全に避難が出来ます。

厚さ0.5ミリ、完全遮光性で下地の影響を受けない

FJTパネルボードメディアのメリット

  • 壁の凹凸などがあっても下地の影響をほとんど受けません。
  • 古いサインの切り文字や塗装などの上から貼っても、0.5ミリの厚さと完全遮光で全く気になりません。

最長30mまで継ぎ目のない看板が作れ意匠性バツグン

FJTパネルボードメディアのメリット

  • 一般的な看板は板状の下地なのでサイズに限りがあります。また大き過ぎると輸送が出来ない、重すぎて取付できないなど長さに制限があります。
  • FJTパネルボードメディアは最大幅1520ミリ、長さ方向は30m。
  • また直接プリンターで印刷できるので、最大30mまで継ぎ目のない美しいサインを作ることができます。

粘着剤がついていないので、取付・撤去方法など用途に合わせて思いのまま

FJTパネルボードメディアのメリット

  • 長く使用したい場合は強力な両面テープ、短期間で取り替えしたい場合は再剥離の両面テープ、繰り返し使いたい場合は面テープ、ビス留めやタッカー、ハトメも使え用途に合わせて、思いのままの施工が可能。
  • また軽いので簡易施工もでき、時間短縮・現状復帰も容易です。
  • イタズラなどで剥がされる心配がある場所では、周囲をコーキングで固める事も出来ます。

看板製作時・撤去した際のゴミの大幅削減

FJTパネルボードメディアのメリット

  • 直接印刷出来、マスキングなども付いていません。
  • ロール上なので使用したい長さだけ使用できハザイも殆ど出ません。
  • 輸送時の衝撃にも強く小さく丸めて運べるので簡易梱包で出荷も出来、看板製作時のゴミが大幅に削減出来ます。またFJTパネルボードメディアで作ったサインを撤去した際も、小さく折り畳み処分する事が可能なので撤去時のゴミも更に削減できます。

RPF(リサイクル固形燃料)にリサイクル可能

FJTパネルボードメディアのメリット

  • RPF(主に産業系廃棄物のうち、マテリアルリサイクルが困難な古紙及び廃プラスチック類を主原料とした高品位の固形燃料の原料として、リサイクル可能。
  • RPFは、石炭やコークス等、化石燃料の代替として、大手製紙会社、石灰会社など多くの産業で利用しているのでCO2の削減に大きく貢献。

埋立せず焼却しプラスチックスマートに貢献

FJTパネルボードメディアのメリット

  • プラスチックスマート(海洋プラスチックごみを減らす取り組みに貢献。
  • FJTパネルボードメディアはRPF燃料として再利用が可能。最終的に燃料として燃やして使用するので、海洋プラスチックゴミとして海に流れ出る事もありません。
  • FJTパネルボードメディアを通して海洋プラスチックゴミを減らす取り組みに貢献することができます。

SDGs7つの目標に取り組む

FJTパネルボードメディアのメリット

  • SDGS(2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された。2016年から2030年までの国際目標)に貢献。

事例紹介

福岡の外食企業が取組む、販促現場から実現する環境対策

事例紹介

Miコーポレーション株式会社 様
詳細を見る

施工方法

施工方法 施工方法 施工方法
1.(メディアから印刷される場合)インクジェットプリンタでメディアに印刷 2.(メディアから印刷される場合)ラミネート※ラミネート無しでも使用可能 3.裏面に両面テープを貼る
施工方法 施工方法 施工方法
4.位置合わせ 5.位置合わせ 6.施工
施工方法 施工方法
7.圧着 8.完成

コスト(一例)

コスト(一例)

製品比較とスペック

壁面用サインの製品別比較表

FJTパネルボードメディア アルミ複合板 スチレンボード
安全性
平滑性
加工性
施工方法
意匠性
屋外使用 ◎ ※1 ×
軽量性
材料コスト
トータルコスト(材・工)
出力(溶剤・Latex・UV)
在庫所有面積 × ×
物流コスト × ×
破損リスク × ×

製品スペック

製品名 基材 規格 すぐに通販で購入
販促エクスプレス
巾(mm) 巻数(m) コア(in) 厚み(um)
送料・組み立て費用 送料・組み立て費用 1067 20 3 250 購入へ
1067 20 3 450 購入へ
1060 30 3 450 購入へ
1370 30 3 450 購入へ
1520 30 3 450 購入へ

※1 屋内・短期野外以外での使用の場合は、奨励塩ビラミネート(品番:FD-L3003G/M)・屋外用 PET ラミネート(FD-L3004G/M) もしくは長期塩ビラミネート(FD-L3003G/M) をご使用ください。
また、小ロをエッジテープ・シーラー等で処理を行い、壁面との貼り付け面もアクリルフォーム・コーキング等で水が侵入しないよう処理してください。

利用方法

利用方法 利用方法
イベント・展示会で易施工で短時間看板設置 柔らかい素材なので柱や曲面にサイン設置
イベントや展示会の広告看板として、易施工で短時間で施工出来ます。重量も軽いので落下のリスクも大幅に軽減できます。 破れない強度もありながら、しなやかにまがる柔軟性もあるので、柱や曲面にもサインを設置することができます。また、丸めることができるので輸送も保管も楽です。
利用方法 利用方法
コンクリートや粗面も設置OK屋外などの施設サインとして 切り文字の上からも貼付けて施工できます
コンクリートの壁など粗面にもサインを設置することができます。屋外でも利用OKなので幅広い使い方ができます。 切り文字の上など下地を気にせずに貼る事ができます。施工時間をより短く費用も抑えることができます。
利用方法 利用方法
店舗のメニューや壁のサインとして利用 施設内の案内板などのPOPとして利用
裏面を両面テープで貼付けて易施工ができるので、修正も度々ある店舗のメニューや壁サインなどにも利便性高く利用することができます。 病院や事業所など施設の案内板として利用することができます。取付取り外しも簡単。カッターで切る事もできので様々な用途でご利用いただけます。
利用方法 利用方法
イベントや展示会のブース施工で利用 階段など施設の装飾として形に合わせて利用
パーテーションなどに簡単に貼り付け設置ができ、また軽量で曲げたまま輸送ができるので、搬入・施工が簡単に行えます。 階段やエスカレーター・施設の壁面などの開いているスペースに装飾として利用することはできます。カッターなどで切る事もできるので、施工場所の形に合わせて利用することもできます。

FJTパネルボードメディア

あらゆる壁面で下地の影響を受けることなく、美しいサイン・ポスターを掲出することが可能。

お急ぎの場合も、まずはご相談ください。

0120-522-664

関連商品や同機種はこちら

ページトップへ