破袋機・手選別コンベアを別々のメーカーで手配して総コストを削減

製品名破袋機 容器包装リサイクル対応 商品コードE124

破袋機・手選別コンベアを別々のメーカーで手配して総コストを削減

業種
リサイクル業
主な対象物
ビニール袋入り缶びんペットボトル
目的
破袋、選別
導入設備
破袋機

京都市を中心にリサイクル業を行っているエム・アール・シー様へ破袋機を納入いたしました。

エム・アール・シー様では、缶、びん、ペットボトルを中心とした資源物のリサイクルを行っています。ビニール袋に缶、びん、ペットボトルが混在して入っている状態で集荷し、選別、処理をして資源リサイクル原料にします。

資源リサイクルの最初の工程では、別のメーカーの破集袋機を使用していました。ビニール袋を破り、内容物とビニール袋を選別する機械でしたが、なかなかうまくいかず、余分に人手での破袋作業が必要になっていました。そのため、処理能力を上げることが困難な状況で、今回、フジテックスへご相談をいただきました。

破袋機、手選別コンベアを別メーカーで手配し、総コストを下げる

破袋後の手選別コンベアは別メーカーで手配しました。

破袋後の手選別コンベアは別メーカーで手配しました。

お客様との打ち合わせで破集袋機(破袋した後にビニール袋を自動で分ける)ではなく、破袋機(破袋だけ行う)をご提案することになり、二軸式と一軸式の2種類の提案をしました。

二軸式は2つのシャフトが内側に回転し、ツメで袋を引っかけて破き、袋と内容物を下に落とす方式です。定期的に逆回転して、ビニール袋の絡まりを解消する機構がついています。一軸式は、シャフトが1本でビニール袋が絡まりにくい特徴があります。

同型機の設備のご見学や、メーカーの製造工場でのサンプルテストも実施させていただきました。その結果、使い勝手も良いとのことで、一軸式破袋機をご採用いただきました。金額は一軸式の方が少し高かったのですが、今回はより人手をかけない機械を選ぶというご意向でした。

破袋機の下に設置する搬送・手選別用のコンベアは破袋機とは別のメーカーの製品をご提案しました。これにより性能はほとんど変わらず、設備の総コストを下げることができました。

納入後、トラブルもなく、当初の想定通り稼働しているとお聞きしております。

様々なメーカーの機械をご提案できる商社の立場を活かし、今後もお客様のご要望に最適なご提案をしたいと思います。

破袋後の選別。

破袋後の選別。

株式会社エム・アール・シー

株式会社エム・アール・シー

京都市を中心に缶、びん、ペットボトル、発泡スチロールなど様々な再資源化に取り組んでいます。環境マネジメントシステムの認証として知られるISO14001を取得し、有益なリサイクル活動を行い、環境に与える有害な影響を低減すると共に、資源循環型社会への貢献することを基本理念としています。また、同社ホームページでは品目ごとに受入単価の目安を公開しています。

http://www.kyoto-mrc.co.jp/

破袋機 容器包装リサイクル対応

本製品のお問い合わせ先

お電話でのお問い合わせはこちら

お電話の際は「環境カタログサイトを見た」とお伝えください。

受付時間:平日9時~18時(土日祝休み)

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら