【脱炭素セミナー】「ライスレジン®」活用方法セミナー

脱炭素社会への第一歩に!
新素材の活用方法をご紹介

セミナー概要

廃棄するはずだったお米を主成分としたプラスチック代替素材をご存じでしょうか?
ガイアの夜明けにも紹介された「ライスレジン®」が今、注目を集めています。
ライスレジン®はCO2排出量やフードロスの削減に貢献できるため、社会課題の解決に対する企業の具体的な施策・姿勢を内外に示すことができます。本セミナーでは、世界の持続可能性のあり方を根本から変えていく可能性を秘めている日本ならではの新素材「ライスレジン®」の特徴や、取り入れやすい製品の活用方法をご紹介します。脱炭素社会に向けて、何から始めればいいかお悩みの方はぜひご参加ください。

ライスレジン®とは?

「ライスレジン®」は、お米(非食用)由来の国産バイオマスプラスチックです。食用に適さない古米、精米時にでる砕米など、飼料としても処理されないお米を、新しいテクノロジーでプラスチックへとアップサイクルします。

ライスレジン®に関してさらに詳しく知りたい方はこちら

【脱炭素セミナー】「ライスレジン®」活用方法セミナー

このようなお悩みございませんか?
経営者/経営企画室/広報/商品開発/購買部門の方、必見

  • 「脱炭素」に舵を切りたいが、 何から手をかけるべきか悩んでいる
  • 同業他社がどんな脱炭素の取り組みをしているのか知りたい
  • 石油由来のプラスチックの使用量を削減したい
  • 自社のCO2排出量を抑えたい
  • フードロス削減に貢献できる施策を考えている
  • 消費者に伝わりやすい環境配慮な取り組みを行っていきたい
  • 自社製品を活用して環境ブランドを高めたい

登壇者

神谷 雄仁 氏

神谷 雄仁 氏かみや かずひと

(株)バイオマスレジンホールディングス
代表取締役 CEO

商業施設開発のコンサルタント、食品商社で化粧品・健康食品原料の開発などを経てバイオマス関連事業に参加し、2005年に前身となるバイオマステクノロジー社創業。
2017年11月、バイオマスレジン南魚沼を設立。2020年3月、バイオマスレジンホールディングスを設立し、代表取締役 CEOとして現在に至る。

福田 圭祐 氏

福田 圭祐 氏ふくだ けいすけ

特定非営利活動法人 green bird 代表

高校生時代に初めて活動に参加以来、大学・社会人とステージを移しながらも団体に携わる。
2013年に青山学院大学国際政治経済学部を卒業後、広告会社(株)アサツーディ・ケイに入社し、大手ビール会社の営業を担当。2017年より「NPOで働く」という道を選択し、現職。
2019年にgreen bird3代目代表・理事長に就任。コミュニティデザイン、0→1・1→10、クリエィティブを得意とし、ごみ拾いの枠を超えた団体の新たな可能性に挑戦中。

吉村 光史 氏

吉村 光史 氏よしむら こうじ

株式会社日本ビジネス出版
「環境ビジネス」編集企画部 課長

企業の環境配慮型経営の最前線を取り上げるビジネス誌「環境ビジネス」の編集兼企画担当。
「環境配慮」に積極的な先進企業の取り組み事例を取材しながら、現在は「環境」をテーマにした企業のプロモーション戦略、販売促進のための企画立案を行う。

セミナープログラム

【はじめに】

フジテックスより

1.脱炭素・SDGsへ取り組む理由(株価、税金への影響)
2.プラスチック資源循環促進法について

株式会社フジテックス
【第1部】

『日本発のお米のバイオマスプラスチック
ライスレジン®についてご紹介』

神谷 雄仁 氏 ご講演(株)バイオマスレジンホールディングス 代表取締役 CEO

【第2部】

『活用事例!ごみを拾うだけでなく
ごみ袋にも環境配慮を!』

福田 圭祐 氏 ご講演特定非営利活動法人 green bird 代表

【第3部】

『企業の脱炭素経営に貢献する専門メディア
「環境ビジネス」のご紹介』

吉村 光史 氏 ご講演株式会社日本ビジネス出版 「環境ビジネス」編集企画部 課長

【おわりに】

まとめ・フジテックスよりインフォメーション

株式会社フジテックス

開催概要

配信日時 【ライブ配信】
2021年12月14日 (火) 16時開始

【アーカイブ配信】
2022年1月13日 (木) 16時開始
定員 200名
お申込み方法 事前のお申込みが必要です
参加費 無料
ご参加方法 オンライン配信
※PCやタブレットなどの端末と、インターネット環境があればご覧いただけます
※セキュリティソフトウェア等の機能により配信システムがうまく機能しない場合がございます。あらかじめご了承くださいませ
受講用URL ご登録いただいたメールアドレス宛にご案内いたします
主催 株式会社フジテックス
  • プログラム内容は予告なく変更する場合があります。
  • お申込み後のキャンセルはご遠慮ください。
  • 競合・同業他社からの参加はご遠慮いただくことがございます。
  • 最低催行人数に満たない場合は、中止とさせていただく場合があります。
  • 当WEBセミナーの録画、録音、撮影については固くお断りさせていただきます。