唾液抗原検査キット

  • 簡単、迅速に検出ができる
  • 測定時間は15分
  • 検出方法は2通り だ液を垂らして測定する方法
  • 検出方法は2通り 直接口腔から測定する方法

    唾液抗原検査キット|その場で判定、15分で検出可能

    現在、ウイルスを持ってる可能性があるか、唾液から検体を採取し検査するキットです。ご自宅や職場でその場でご利用いただけます。
    測定時間は15分、特殊な機器機器や専門機関への送付も必要ないため、短時間での測定が可能です。
    抗原検査と抗体検査とPCR検査の違いに関しては、こちらよりご覧ください。

    サービス・製品ポイント

    製品仕様

    簡単、迅速に検出ができる

    場所を問わずにその場で新型コロナウィルス抗原(SARS-CoV-2) 検出ができる研究用簡易検査キットです。

    簡単、迅速に検出ができる

    測定時間は15分

    本製品は検査した時点、約15分で新型コロナウィルス抗原の有無を検出します。

    測定時間は15分

    検出方法は2通り だ液を垂らして測定する方法

    • 元のパッケージのアルミホイル袋からキットを取り出し、清潔で平らな机の上に置きます。
    • 上あごに舌を乗せ、頭を下げて唾液をお手持ちの容器の中に自然に分泌させます。
    • 試薬キットのアッセイスティックを唾液の入ったお手持ちの容器( 少なくとも2ml)に垂直に挿入し、テストスティックを唾液に完全に浸した状態で2 分以上放置します。観察窓に液体が表示されたら試薬キットを取り出し、清潔で平らな台の上に置き、同時に時間の計測を始めます。
    • 測定結果は15分後に読み取り、30 分後に無効と判断します。

    検出方法は2通り だ液を垂らして測定する方法

    検出方法は2通り 直接口腔から測定する方法

    唾液が少ない場合などは、口腔から測定することも可能です。

    検出方法は2通り 直接口腔から測定する方法

    製品仕様

    サービス・製品に関するお問い合わせ

    お問合せ内容

    関連ブログ

    抗原検査と抗体検査とPCR検査の違いとは?
    【NEW】抗原検査と抗体検査とPCR検査の違いとは?

    今だから、違いを理解しておきましょう。
    店舗や接客業務上での衛生対策は欠かせないものとなりました。
    全国的な感染者の増加に伴い、サニテーションカタログを運営する株式会社フジテックスにも、各種検査キットのお問合せが増えております。
    ここで改めて、お客様からご質問の多い、抗原検査と抗体検査とPCR検査の違いに関して解説させていただきます。