FJ入場カウンターゲート

  • 設置方法も運用方法も簡単
  • 運用方法
  • 補正などの操作も簡単
  • 高精度センサー搭載

    FJ入場カウンターゲート|[無人管理]混雑状態を色でお知らせ

    クラスターの発生や感染者の拡大から、店舗への入場人数管理が小売りの新しい姿になりつつあります。「FJ入場カウンターゲート」は、人感センサーが入退者数をカウント。
    施設内の滞留者が設定した人数を超えると、LED表示灯の色でお知らせします。
    人手をかけずに人数管理、入場管理、密集対策が可能となるカウントセンサーです。

    サービス・製品ポイント

    製品仕様

    設置方法も運用方法も簡単

    出入り口の幅を1.5mほどに制限し、1人ずつ通過するように導線を作ると、安定した検知が可能となります。

    設置方法も運用方法も簡単

    運用方法

    電源を入れるだけで運用可能。ネットワーク接続や前言工事は不要です。

    • 本体を設置し、電源をONにする
    • 制限人数を設定する(※)
    • 検知エリアを通過して、カウントすることを確認する
    • 使用する前に必ず人数をリセットする

    運用方法

    補正などの操作も簡単

    人数の設定や補正作業も、ボタンで操作が可能です。補正する場合も、プラスととマイナスのボタンで操作ができます。

    補正などの操作も簡単

    高精度センサー搭載

    上下2段の検知エリアを同時に遮った時だけカウントする高精度センサーを搭載しているのでカウント精度も高いです。
    また、本体内部のコネクターを切り替えると入口の向きを変更で切るなど、細かな設定チューニングも可能です。

    高精度センサー搭載

    使用方法とご注意

    よくあるご質問

    複数センサーを連結させて、カウントすることは可能ですか
    ネットワーク接続などはございません。1か所でのカウントとなります。
    wifiなどのネット環境は必要ですか
    ネットワークを利用しないので、どこでも利用いただけます。
    精度はどのくらいですか
    本製品は施設等への入室/退室者の通過検知により、混雑状態の目安をお知らせする装置です。設置環境、通行者の通過状況により、実際の人数との差異が生じることがあります

    サービス・製品に関するお問い合わせ

    お問合せ内容