English お問い合わせ

小売・流通業向け 簡易設置型の電子棚札サービスで店舗の「人手不足」を解消

2019年9月 4日


独自の通信規格Sub-GHzの電子棚札(ESL)で高いセキュリティー・簡易設置を実現、初期投資を低減します。

esl.png

株式会社フジテックス(本社:東京都新宿区、以下「フジテックス」)は、2019年9月から小売・流通業の店舗向け電子棚札システム(D-ESL:Dynamic Electronic Shelf Label)の販売を開始します。

フジテックスは、大手小売りチェーンと共同で実証実験に取り組んでおり、今後は全国の拠点ネットワークを活用し、スーパー、ホームセンター、ドラッグストア、GMS、コンビニエンスストアなどの小売店を中心に、電子棚札システム「D-ESL」のパッケージ販売(棚札本体、サーバー、アクセスポイント、ルーター、専用レール、運用支援、システム保守)をワンストップで提供いたします。D-ESLは、大型店舗のみならず、棚札数が1,000個~3,000個程度の中小規模の店舗でも導入しやすい価格設定になっています。

 

(電子棚札:Electronic Shelf Label、以下「ESL」)

電子棚札とは、店頭の商品棚につける棚札(値札)に価格や関連情報などが表示され、一括で瞬時に、かつ正確に価格表示を変更することができる電子ペーパーです。以前は、液晶タイプなどが主流でありましたが、近年の技術革新により、電子ペーパーの電子棚札が開発されました。

 

(ESL普及の背景・メリット)店舗のIoT化により、働き方改革・人手不足を解消できます。

昨今、スーパーや家電量販店などの小売店ではネット通販や競合店との競争、セールなどに合わせて、売価変更が頻繁に行われており、商品の値札を貼り替えますが、人手も時間もかかり、膨大な作業が発生しています。また、政府が推奨する『働き方改革』による労働時間短縮と『人手不足問題』により、販促物を制作する現場にも様々な課題・問題が発生しています。これらの環境を改善するため、ESLシステムを導入することで、値札やPOPを貼り変える手間と多くの時間を削減できます。店員は、削減した時間で接客業務などに集中することが可能です。将来的には、需要に合わせて、価格をリアルタイムに変更するダイナミック・プライシングの展開にもESLシステムは必要となります。

 

(D-ESLの特徴) 独自の通信技術により、初期導入費用で大幅にコストダウンできます。

今回、フジテックスが販売を開始する電子棚札システム「D-ESL」は、電子ペーパータイプで、すでにフランスやイギリスなど主に欧州を中心に2年間で100万個以上の稼働実績があります。特徴として、独自の特許技術によりネットワーク通信において、Sub-GHz(サブギガヘルツ)920MHz帯の無線ネットワーク通信を行うため、従来の赤外線やWi-Fiと同じ2.4GHz帯を使うESLに比べ、さらに高い信頼性のある通信を実現し、店舗内での周波数の電波干渉問題を回避できます。また、圧倒的な低消費電力の実現により棚札のバッテリー負荷を軽減させ、ネットワーク通信に必要なアクセスポイントやルーターなど、簡易設置を実現するため、大幅に低コストで導入できることが特徴です。

今まで、多くの小売店で電子棚札システム導入を検討しても、高額なシステム投資がネックになり、導入を見合わせてきた背景があります。電子棚札システム「D-ESL」は、中小規模の小売店でも導入が可能になります。

 

・Sub-GHz(サブギガヘルツ) 920MHz帯の無線ネットワークにより、低消費電力、低コスト、高速伝送を可能に。この周波数帯は電力会社のスマートメーターに採用されている信頼性の高い周波数。

・一般に広く使用されている2.4GHz(Wi-Fi、Bluetooth, Zigbee)と電波干渉しない。

・通信距離が長く(本用途で約3~5倍)、ルーター(アンテナ)の設置個数を大幅に削減できる。

・障害物の回り込み特性に優れ、従来の赤外線と異なり双方向通信を行うため信頼性の高い通信が可能である。

・従来のWi-Fiと同じ2.4GHz周波数の他の機器(ゲーム機器他)との電波干渉問題を回避できる。

・電子棚札の情報書換えに使用する電力が数段低いため、バッテリー寿命が格段に向上する。

・専用レールにより、簡単取り付けかつ、盗難防止などにも対応できる。

・E-ink社の電子ペーパーを活用し、フランスなど欧州を中心に2年間で100万個以上の実績がある。

・標準で4つの棚札のサイズがございます。1.6インチ、2.2インチ、2.9インチ、4.2インチ。

 

≪ 会社概要 ≫

社名 株式会社フジテックス (https://www.fjtex.co.jp/
所在地  東京都新宿区大久保3-8-2 新宿住友ガーデンタワー13階
設立 1986年4月
資本金  3億円 事業所  東京・札幌・仙台・金沢・名古屋・大阪・広島・福岡
事業内容 販促・出力加工事業、デジタルコミュニケーション事業、環境リサイクル事業、 エネルギー事業、物流事業、リユース事業、健康事業、人材事業

 


■本プレスリリース・製品に関するお問合せ

株式会社フジテックス 広報担当
Email:supply@fjtex.co.jp
TEL : 0120-046-314