空き缶選別コンベアで効率化。

製品名空き缶選別コンベヤ 商品コードE086
  • アルミ缶は左、スチール缶は右に分かれます。
    アルミ缶は左、スチール缶は右に分かれます。
  • コンベアへ投入しているところです。
    コンベアへ投入しているところです。

中部地区のお客様に空き缶選別コンベアを納入しました。

お客様では、コンビニやスーパーなどで回収した事業系廃棄物を扱っています。これまでは、手作業でスチール缶とアルミ缶に仕分けしていました。最初は手作業で間に合っていたのですが、分量が増えてきたため、作業の負担が重くなってきていました。作業効率化のため、空き缶選別のご相談をいただきました。

完全な機械化、部分的な機械化、手作業を効率化の3つの選択肢

作業を拝見させていただくと、次のような流れで処理されていました。

回収袋から空き缶を作業台に出し、袋やビン・PETボトルなどの缶以外のものを取り除きます。手作業でスチール缶とアルミ缶を仕分けます。それぞれ、縦型缶プレス機で圧縮し、プラスチックパレットに乗せて出荷します。

マグネット棒を使用して、スチール缶のみをピックアップする方法、選別工程だけの機械化と選別・プレス工程までの機械化などの方法があります。マグネット棒は現状よりも効率的とはいえ、作業時間を大きく短縮することはできません。選別プレス機は、非常に効率が良いのですが、コストが高く、既設の縦型プレス機も活用できません。

処理量や今後の見込みをお客様と相談して、選別工程だけの機械化で進めていくことになりました。

「選別作業がすごくラクになった。」

ペットボトルやビンなどの異物を取り除いたスチール缶とアルミ缶をコンベヤに流します。空き缶は、スチールとアルミに別れてカゴに回収されます。

コンベヤ先端のローラー(プーリー)がマグネット式になっており、マグネットに付くスチールはコンベヤ手前側に、付かないアルミはコンベヤ奥側に落ちます。選別後のスチール缶とアルミ缶はそれぞれ縦型プレス機で圧縮し、出荷します。

今回の設備導入より大幅に作業効率がアップし、現場作業員の方より「選別作業がすごくラクになった。」とお声をかけていただきました。

空き缶選別コンベヤ

本製品のお問い合わせ先

お電話でのお問い合わせはこちら

お電話の際は「環境カタログサイトを見た」とお伝えください。

受付時間:平日9時~18時(土日祝休み)

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら