RPF用 塩素検査装置

商品コードE168
RPF用 塩素検査装置
過剰な機能を絞り込んで小型化・リーズナブルな価格を実現しました!
蛍光X線方式で廃プラスチックの塩素検査を行います。
RPF原料のプラスチック、RPF成形品の塩素検査に最適です。

RPF用 塩素検査装置の使用

RPFの品質維持には原材料に塩素系のプラスチックが混入していないか、RPF成形品の塩素濃度の検査などが求められます。
搬入した廃プラスチック、RPF成形品の塩素濃度の測定に利用されています。また、RPFを受け入れている製紙会社様などでも納品されたRPFの検査にご利用いただけます。
その他、基盤や土壌、焼却灰などの分析も可能です。

RPF用 塩素検査装置の特徴

  • 女性でも楽に持運び
    女性でも楽に持運び
  • 大型試料室で基盤もそのまま分析
    大型試料室で基盤もそのまま分析

半導体検出器は電子冷却方式のシリコンドリフトディテクタ(SDD)を使用し、デジタル計数回路(DSP)との組み合わせで、高分解能・高計数率の測定が可能です。
分析性能を高めるために半導体検出器のエネルギー分解能、計数感度を最高に発揮できる励起光学系の条件を整えています。

  • 過剰な機能を省き、低価格を実現。
  • 重さわずか9kg!女性でも簡単に持ち運び可能
  • 電源はAC100Vのみ、省電力装置(従来比1/5)。
  • SDD検出器搭載で液体窒素や冷却水は不要
  • 試料の形状にかかわらず、非破壊分析が可能。
  • 用途に合わせて自在にカスタマイズ可能

分析例

RPFの塩素分析のほか、貴金属の成分分析、スラグの塩基度管理、RoHS指令の有害重金属分析、土壌中の有害重金属分析などに応用することができます。

  • 土壌分析例
  • Pb/Cdの検量線・1
  • Pb/Cdの検量線・2


RPF用 塩素検査装置の主仕様

測定対象 個体・粉体・液体
エネルギー分散型蛍光X線分析法
測定元素 Na~U(Na~Ar)オプション真空対応
試料室形状 φ165mm×H60mm
試料室雰囲気 大気
X線定格出力 50kV 0.2mA(MAX)
検出器 SDD(シリコンドリフトティテクタ)
計数回路 DSP(デジタルシグナルプロセッサ)
使用条件 温度:5~27℃ 湿度:20~75%(結露無きこと) 電源:AC100V 1A(50/60Hz) 接地:D接地
オプション 真空ポンプ C・MOSカメラ FP法 PC キャリングケース

RPF用 塩素検査装置

※処理能力は対象物の状態、機械の状態によって変わります。状態によっては仕様通りの能力が出ないことがあります。
※仕様は改善・改良のため予告なく変更する場合があります。

本製品のお問い合わせ先

お電話でのお問い合わせはこちら

お電話の際は「環境カタログサイトを見た」とお伝えください。

フリーコール 0120-81-2166 「環境カタログサイトを見た」とお伝えください

受付時間:平日9時~18時(土日祝休み)

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら

関連する製品

mautic is open source marketing automation