酸素濃度計

商品コードE170
酸素濃度計
0~40vol%までの酸素濃度を測定。
タンク内、マンホール内、トンネル等地下工事現場、船倉・船底等で、作業員が身につけて作業環境の安全確認と作業員の安全確保にご利用いただいています。

特徴

酸素欠乏の人材に与える影響酸素欠乏の人体に与える影響
出典:SEシリーズ「新工事の安全」“酸素欠乏”医学博士/山口 裕 著 総合安全研究所発行

センサ延長ケーブル付き(標準装備)

5m本体巻き取りタイプ、1mのカールコードタイプのセンサ延長ケーブルが標準装備で、コンパクトに収納されています。

危険時のアラーム警報

酸素濃度が18%以下になると、アラームが鳴り、警報します。又、電池寿命時もアラームでお知らせします。

胸ポケットにも入るサイズ

わずか約250gで超小型。作業者の胸ポケットにも入り、操作はワンタッチでOKです。

見やすい3桁表示の大型LCD

3桁のデジタル数字で酸素濃度を表示します。指示精度は各指示濃度の±0.3Vol%(JIS T 8201規格は±0.7Vol%)です(同一測定条件によります)

主な用途

酸素濃度計は密閉空間での作業を行う場合の安全確認に利用されています。
また、酸化によって品質が劣化する食品の梱包時の確認、研究所の現場などでの酸素濃度測定にも使われています。

  • マンホール内の作業
  • トンネル工事
  • タンク内の作業
  • 共同溝での配線、配管作業
  • 船倉・船底での作業
  • 食品梱包時の酸素濃度確認
  • 実験・研究での酸素濃度確認

労働安全衛生規則では酸素濃度が18%に満たない場所は、事業者が表示の上、立ち入りを禁止しなければならない、とされています。

  • 作業前の安全確認
  • 作業中の酸欠防止


※1 同一測定条件による。
※2 90%応答。※ 仕様、外観は改善の為、変更する場合があります。
対象物、環境によっては期待される測定精度が得られない場合があります。
※校正や校正証明書の発行は別途費用がかかります。機種によって異なるためお問い合わせ下さい。また、機種によっては発行できないものもございます。予めご了承ください。

酸素濃度計の主仕様

価格 86,910円
測定対象 酸素 測定範囲 0~40.0vol%
測定方式 拡散式 本体重量 5mタイプ:約300g(電池除く)
指示精度※1 ±0.3vol%
警報設定値 18.0vol%
警報方式 警報濃度以下で断続音、電池寿命警報は連続音
表示方式 LCDデジタル3桁
応答時間※2 20秒以内
連続使用時間 マンガン電池使用時:約80時間
防爆構造 i3aG4
センサ延長 ケーブル 5mタイプ:5m本体巻取式 1mタイプ:1mカールコード式
外形寸法 5mタイプ:W66×H170×D29 mm 1mタイプ:W66×H120×D29 mm
重量 5mタイプ:約300g(電池除く) 1mタイプ:約250g(電池除く)
標準付属品 レザーケース、単3形マンガン乾電池2本
オプション センサ延長ケーブル(携帯袋付)

酸素濃度計

ご注文ページへ

※処理能力は対象物の状態、機械の状態によって変わります。状態によっては仕様通りの能力が出ないことがあります。
※仕様は改善・改良のため予告なく変更する場合があります。

本製品のお問い合わせ先

お電話でのお問い合わせはこちら

お電話の際は「環境カタログサイトを見た」とお伝えください。

フリーコール 0120-81-2166 「環境カタログサイトを見た」とお伝えください

受付時間:平日9時~18時(土日祝休み)

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら

関連する製品

mautic is open source marketing automation