業務拡大!缶・発泡スチロール処理(中間処理)導入事例

製品名PE・PP・PS 発泡スチロール減容機 商品コードE225
  • 発泡スチロール減容機、空缶プレス機、空缶及びPET兼用の圧縮機を納品
    発泡スチロール減容機、空缶プレス機、
    空缶及びPET兼用の圧縮機を納品
  • お客様と一緒に考え、業務拡大を実現する中間処理装置を構築
    お客様と一緒に考え業務拡大を実現
    する中間処理装置を構築

廃棄物の収集運搬業社様へ、発泡スチロール減容機、空缶プレス機、空缶及びPET兼用の圧縮機を納品しました。主に缶ビンなどの資源物や発泡スチロールの処理を行うための中間処理設備です。

今回の事業者様は、今まで収集運搬のみを行っていました。業務拡大につき新たに中間処理を始めたいとご連絡をいただきました。

発泡スチロール減容機、空缶プレス機、空缶及びPET兼用の圧縮機を納品しました。主に缶ビンなどの資源物や発泡スチロールの処理を行うための中間処理設備です。

魚箱や家電などの緩衝材で使われる発泡スチロールを溶解・固化をして、リサイクルに適した形状に加工します。今回のタイプは、溶かした発泡スチロールが一定の長さの板状になると自動でカットをするタイプです。一般的に、発泡スチロールはポリスチレン(PS)が使われていますが、今回のは、その他のポリエチレン(PE)、ポリプロピレン(PP)などの発泡スチロールなどにも、比較的幅広く対応できるタイプとなります。

発泡スチロール減容機は、発泡スチロールであるポリエチレン(PE)、ポリプロピレン(PP)、ポリスチレン(PS)を溶解・固化できる減容機です。処理後は板状に取り出せます。

空缶プレス機は、選別したアルミ・スチールをインゴットに圧縮できます。空缶及びPET兼用の圧縮機は、缶に加えてペットボトルの圧縮梱包が1台できる装置です。

空缶プレス機は、選別したアルミ・スチールをインゴットに圧縮できます。空缶及びPET兼用の圧縮機は、缶に加えてペットボトルの圧縮梱包が1台できる装置です。

これらの装置で容量を減らすことで、保管・輸送や廃棄スペースの節約やリサイクルに適する形にすることで、コストダウンができます。

これらの装置で容量を減らすことで、保管・輸送や廃棄スペースの節約やコストダウンができます

中間処理設備の導入にあたりスペース的な制約があったため複数の提案を行いました。お客様のご要望にあわせて、変更を加えながら提案を行えたことで、最適な中間処理工場を作ることができました。お客様と一緒に考え、業務拡大を実現しました。

フジテックス環境事業部は、中間処理装置案件を多数経験しております。中間処理に関するお悩みがございましたらお気軽にお問い合わせください。

PE・PP・PS 発泡スチロール減容機

本製品のお問い合わせ先

お電話でのお問い合わせはこちら

お電話の際は「環境カタログサイトを見た」とお伝えください。

受付時間:平日9時~18時(土日祝休み)

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら

関連する納入事例商品

mautic is open source marketing automation