3Dプリンター MUTOH MR-5000new

エンジニアリングプラスチック対応!Bi-Matrix構造体の製作が可能になった大型樹脂溶融型3Dプリンタ
商品番号
H3180
  • 製品を見積り依頼
  • 製品のお問合せ・資料請求

0120-522-664

0002

新開発「タフヘッド」

新開発「タフヘッド」により300℃での連続運転と、エンプラ(エンジニアリングプラスチック)等広範囲の材料で造形が可能です。

大型高精度造形テーブル

最高150℃の高温で平面性を維持する特殊アルミ材を使用した造形テーブルにより、エンプラの造形が可能になりました。

高速造形可能な3Dプリンター

最大500角の大型造形を実現するACサーボモータを搭載した高剛性メカで300mm/secの高速動作を実現。

大型構造体の小ロット生産

従来からのABSやエラストマー樹脂の他、300℃程度で吐出可能なナイロン、PBT、PC等のエンプラでの高速造形を可能にしました。また、500角の造形が可能なので小ロットの製造でも威力を発揮します。大型テーブルを活かした多数個取りも可能です。

Bi-Matrix構造造形

MR-5000は2ヘッド構成で複数の樹脂材を個別に吐出する事が可能な3Dプリンターです。Main-Matrix樹脂とSub-Matrix樹脂の両方の特性を持ち合わせた構造体を形成する事が可能になります。例えばMain-Matrix樹脂にナイロン、Sub-Matrixにエラストマーを使用するとナイロンの持つ機械強度とエラストマーの柔軟性をあわせ持った今までに無い材料を形成する事が可能です。

また、MainとSub-Matrixの比率を変更すると材料の物性を任意に取れるようになります。さらに、造形途中で材料の比率を段階的に変更する事が可能で、界面の無い連続した構造を実現する事が可能です。

スペック

項目名 内容
型番MR-5000
造形方式熱溶融積層式
最大造形サイズ (X × Y × Z)500 × 500 × 500 mm
Z軸最少分解能0.1 mm
ヘッド溶融温度設定150~300 ℃
テーブル温度設定50~150 ℃
プリントヘッド数最大2個
外部I/FEthernet 1000BASE
操作方式15インチカラーLCD(タッチパネル操作)
本体質量約350 kg
外形寸法 (W × D × H)1,240 × 1,100 × 2,050 mm
入力電源AC200V単相 50/60 Hz
消費電力T.B.D

3Dプリンター MUTOH MR-5000new

エンジニアリングプラスチック対応!Bi-Matrix構造体の製作が可能になった大型樹脂溶融型3Dプリンタ
商品番号
H3180
  • 製品を見積り依頼
  • 製品のお問合せ・資料請求

0120-522-664

関連商品や同機種はこちら

ページトップへ